お家の外観をキレイに│外装塗装を依頼するメリット

作業員

家計にプラスになる

ソーラーパネル

売電が可能になる

太陽光発電を家庭に導入したら、家計にプラスになります。自分の家で電気を作れるようになるので、電気料が大幅に安くなります。太陽光発電の規模や日射量によって金額は変わりますが、月の電気料が3000円程度安くなる場合もあります。また発電によって作り出された電力を、電気会社に売ることも可能です。これは売電と呼ばれ、売電も家計にプラスになる要素です。太陽光発電を導入する時は、ソーラーパネルを買わなければなりません。これにはまとまったお金が必要ですが、地方自体が行っている補助制度を活用すれば、太陽光発電の導入費用は低く抑えることができます。千葉では再生可能エネルギーを導入する家庭や会社に補助金を出す制度が作られています。この千葉の制度を使えば、一般の家庭でも経済的な負担を少なくして、太陽光発電を始められます。千葉の場合は、出力1kW当たりの補助金になっています。太陽光発電を導入する時の費用は100万円から200万円程度で、上記のような補助金を使えば、導入の費用は100万円台に抑えることが可能です。また千葉では、多くの各種の金融機関がローンを実施しているので、それを活用する方法もあります。低金利無担保で、導入の費用を金融機関から借りることが可能です。太陽光発電が順調にできるようになったら、売電をすることができます。売電の金額は家庭ごとに異なっていますが。月に15000円程度の売電は可能です。売電によってローンの返済が早くなり、返済が終わった後は売電による収入は自分の資産に一部にすることができます。